鹿屋市に”重症心身障害者”家族のためのショートステイ施設を

こどもホスピス


鹿屋市に”重症心身障害者”家族のためのショートステイ施設を。というクラウドファンディングの取り組みを知り、素敵な事例と感じましたので紹介します。
記事はこちら

“多くのお母様方も気持ちは一緒だと思います。私たちにお子さんを預けていただくことで、急用ができたときも安心していただいたり、たまには親御さんにゆっくりできたりする日があるのは、子どもとの時間をより素敵な時間にしてくれます。”
こどもの事で手一杯になり、親御さんがゆっくり出来ず、苦しい状況になっていってしまうのだと思います。
よって、こどもご本人のみならず、そのご家族も支える仕組みが必要だと思います。

本プロジェクトは、350万円を目標とされていたのですが、最終的に534万円集められ、その結果はとてもうれしく思っています。
応援していますので、引き続き頑張っていただきたいと思います。

キャンビ事業(児童発達支援・放課後等デイサービス)も、ご本人のみならず、そのご家族を支えるられるよう運営していきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました